お問合せ・ご予約・公演のご依頼

Email: nahovn@yahoo.co.jp

© 2023 by Lone Journey. Proudly created with Wix.com

Plofile

2010年、アルゼンチンタンゴを演奏する目的で集い、成増の小さなミュージックバー「Bar Nyarango( 旧On The Railroad)」で生まれ育つ。『終わりは新しい音楽の始まりー』そんなサウンドを目指すという思いをこめ「LAST TANGO」と命名し、2011年バンドとして正式に船出を果たす。

アルゼンチンでのソロアルバムのレコーディングなど、本場での経験も持つ情感溢れるバイオリンの柴田奈穂を筆頭に、その圧倒的なパフォーマンスでオーディエンスを魅了し続けるアコーディオンの田ノ岡三郎。ギターには、かつて志賀清氏や藤沢嵐子氏のバンドに在籍経験を持つ江森孝之。そして、抜群のタレント性を持つベース西村直樹。ボーカルには、「LAST TANGO」の発祥の地である「Bar Nyarango( 旧On The Railroad)」の歌姫マヤン

アルゼンチンタンゴの伝統を大切にしながらも、様々なジャンルのテイストを取り入れつつ、メンバーの個性を生かした独自のサウンドを築いている。カバー曲に加え、オリジナル曲も多数。

2013年ファーストアルバム「LAST TANGO」をジパングレーベルよりリリース。

2015年本場ブエノスアイレスで現地のミュージシャンと共にレコーディングを行い、セカンドアルバム「La Usina ー LAST TANGO en Buenos Aires」を製作。BIGTORYよりリリース。ブエノスアイレスでは、FMラジオ出演で現在の日本のタンゴシーンを担うバンドとして紹介され、急遽現地での追加公演も果たした。

2017年アストル・ピアソラのオペリータ「ブエノスアイレスのマリア」公演。秋の通算100回記念ライブとして、ピピ・ピアソラ(アストル・ピアソラの孫)率いる「エスカラムドゥルム」のほか、世界中で活躍めざましいコンテンポラリー・タンゴピアニスト、ニコラス・ゲルシュベルグ氏をブエノスアイレスよりスペシャルゲストに迎えて演奏し好評を博した。

東京に拠点を置きつつ、ホール公演も含む全国へのツアーを展開中。

さらにオリジナリティ溢れるサウンド目指し、日々深化している。

 

 
柴田奈穂 Naho Shibata    バイオリン Violin

6歳よりバイオリンを始める。
これまで、主にクラシックを仙崎明子氏、タンゴをフェルナンド・スアレス・パス氏、ポップスを中西俊博氏に師事。
アストル・ピアソラの音楽に衝撃を受けアルゼンチンタンゴに傾倒する。
2006年に単身アルゼンチンに渡りバンドネオンのワルテル・リオス氏をはじめとするブエノスアイレストップミュージシャンたちとファーストソロアルバム「ブエノスアイレスの冬」を現地レコーディング。それ以降、度々ブエノスアイレスを訪れ、現地のミュージシャンたちとレコーディングやコンサート、レッスン、ラジオ出演などを重ね、研鑽を積む。

現在「LAST TANGO」主宰。同バンドでこれまでに2013年ファーストアルバム「LAST TANGO」、2015年現地ミュージシャンたちをゲストに迎えたブエノスアイレス録音のセカンドアルバム「La Usina -LAST TANGO en Buenos Aires」をリリース。

2017年、ピアニスト ニコラス・ゲルシュベルグ氏とのデュオアルバム「Bs.As. Tokyo Conneccion」をリリース。

現在、「オルケスタ・ティピカ・パンパ」「PUERTANGO」などに参加。

情緒豊かな音楽性と情熱的でパワフルな音色を生かし、海外公演やアーティストサポートを含む様々なステージやレコーディング、弦楽アレンジなども手掛けるなど精力的に活躍中。

メディアへの提供は、これまでに2015年荒井晴彦監督、二階堂ふみ、長谷川博己主演「この国の空」でのソロを含む演奏とアレンジをはじめ、NHK Eテレ「ひみつのちかランド」にてソロ演奏、その他 CM、映画音楽など。

京都出身。東京在住。

柴田奈穂 Official Web Site 

 
田ノ岡三郎 Saburo Tanooka    アコーディオン Accordion

東京を拠点に全国津々浦々(時に海外)で活動を続ける「旅するアコーディオニスト」。千葉県出身。自身のルーツは和歌山県田辺市。

音大卒業後に独学でアコーディオンを弾き始め、後にパリにてダニエル・コラン氏に師事。
様々なジャンルのアーティストのRecording(CM音楽、映画やドラマのサウンドトラック等も多数)及びライブ、イベント出演などで活躍し、舞台やTVへの出演も多数。歌うように奏であげる音色には定評がある。
自身のオリジナル曲を中心にこれまでに4作のソロアルバムを発表し、完全一発録音による瑞々しい質感の最新作「夏への扉」(プロデュース:太宰百合)も好評を博す。

favorite:気ままに旅すること。特に鉄道の旅が大好き!
、、、こよなく旅を愛するがゆえ、電車内や豪華客船などの「動くステージ」でのパフォーマンスも多く経験。最小編成であるアコーディオンソロでのアンプラグド・ライブもライフワークとして各地のカフェ等で精力的に行っている。

田ノ岡三郎 Artist Page

 
江森孝之 Takayuki Emori    ギター Guitar

高校在学中よりギターを潮先郁男氏に師事する。 
卒業後、サックス奏者、尾田悟氏のグループでプロとしての演奏活動を始める。その後、アメリカ、バークリー音楽大学に留学、82年に卒業後、帰国。
フリーのギターリスト、コンポーザー、アレンジャ-として現在に至る。
様々なアーティストのサポート、レコーディング、ミュージカルなど、幅広いフィールドで演奏活動をしている。
また、アコースティックなフュージョン系のバンド、『パナシェ』のリーダーとしてライブ活動を行い、3枚のCDをリリースしている。

Guitarist Takayuki Emori  Site

 
西村直樹 Naoki Nishimura    ベース Contrabass

17歳からベースを弾き始め、様々なスタイルのバンドを経験し、1996年上々颱風に参加、全国各地で「お祭りライヴ」を展開。バンドのメンバーとしてドイツ、インド、韓国への国際交流公演に参加。スタジオジブリ作品『平成狸合戦ぽんぽこ』の映画音楽にレコーディング参加。

ウッドべース、エレキべースを操り、アラブ音楽、ジャズ、タンゴなど様々なジャンルに挑戦し続ける。柴田奈穂とのデュオユニット「NaoNaho」のリーダーを務めるほか、パーカッション見谷聡一との「bajobombo」、無国籍トラベルミュージックの「旅猫油団」、白崎映美の「東北6県ロールショウ」など様々なシーンで活躍中。

西やんの低音一発人生

 
マヤン Mayan    ボーカル Vocal

ヴォーカリストで、ミュージック・バー「Bar Nyarango」(旧On The Railroad)」(東京都板橋区成増)のオーナー。Tangoの他に、Jazz、Bossa Nova、Pops、Rock など、音楽のジャンルを超えてオールマイティーに歌う。ヴァイオリンの柴田奈穂らメンバーと出会い、Tangoの魅力にはまり自己の新しい一面を発掘中。2016年福岡ヤフオクドームにて行われた「鷹の祭典」ソフトバンクホークス対オリックス戦 開会式にて3万8千人の聴衆の前で国歌を独唱。

音楽とお酒と猫をこよなく愛する、情熱的で、時に涙もろいラテンな女。

マヤンの部屋